MENU

夫婦関係が破綻してるとされる定義とは?不貞行為はどこから

夫婦関係が破綻の定義とは?不貞行為はどこからなの?

 

不貞行為とは

 

不貞行為は、法律的には
「配偶者の起こる人が、その胸中に基づいて配偶者以外の人と性的関係を持つこと」を言います。

 

簡単に言えば浮気のことです。

 

夫妻にはお互いに貞操勤めを負わなければなりません。
こういう勤めに反して、一方が婚姻関係外の異性との肉体関係を行った場合には、
他方は配偶者の不貞行為を理由に離婚の請求をすることができます。

 

不貞行為を理由に離婚請求する場合には、請求する位置付けが、
配偶者と異性の愛人との「性行為を確定ないし、推認とれる証拠」を裏打ちしなければなりません。

 

裁判所では詐欺や詐称仕業を防ぐ結果、不貞行為の証拠を鋭く制限しています。
法廷では不貞行為によって「婚姻を破綻させたか何か」がポイントになります。

 

 

別居中(婚姻関係が破綻した以下)での不貞

 

夫婦関係が今や破綻やる状態で、その後に配偶者が異性と性的関係を有すること、
こういう性的関係と、夫婦関係の破綻には仲は認められないので、
「不貞行為」を理由に離婚請求はできません。

 

これは別居中に限らず、同居中でもとうに家庭内別居の状態であると客観的に審査されれば、
破綻後の脈絡とされ、離婚の請求が棄却に向かう場合もあります。

 

婚姻関係を治癒、仕込みのための別居ならば、取り違えを遠ざける結果、
別居中に離婚の謳い文句を鳴らすのは止めましょう。

 

「不貞行為」を離婚原因として、配偶者に補償を請求しようと狙いであれば、
別居、家庭内別居は避けたほうが良いでしょう。

 

 

 

肉体関係の無い浮気

 

配偶者が異性と献立や運行などのデートをしたり、キスやメールアドレスのやりとりをしていたとしても、
肉体関係(セックス)の体験がなければ、「浮気」かもしれませんが、法律上の「不貞行為」にはあたりません。

 

肉体関係、性的関係があったか何とかが核心となります。

 

肉体関係伴わないプラトニックな関係では、不貞行為として離婚請求は出来ませんが、
こういう事が婚姻関係の破綻の背景になれば「婚姻を継続し辛いマズイ背景」として離婚請求は可能です。

 

但し、不貞行為とは言えないので、法廷での補償請求は激しいと思われます。

 

1回限りの不貞

 

1度だけの肉体関係を向き合う浮気も、当然不貞行為に当てはまる。
但し、法廷で離婚原因として認められる不貞行為とは、常に継続的に肉体関係と向き合うものではないと、
不貞行為として離婚を聞き入れることは難しいと思われます。

 

不貞行為を裏打ちするには、継続的な人付き合いを裏打ちしなければなりません。
過去の法廷事例では1回限りの不貞行為のみを理由に、離婚を認めたケースはありません。

 

1度だけの不貞行為なら許されるということではなく、こういう1度だけの不貞行為でも、
こういう事が原因で婚姻関係を破綻させたと審査されれば、離婚原因の
「婚姻を継続しにくいマズイ背景」にあたることもありえます。

 

また、不貞行為をしたら、きっちり離婚されると言うわけではありません。

 

有責配偶者(不貞行為をした位置付け)が激しく自省し、健全な夫婦関係、家族関係を希望している、
または未成年の子供の価値を考慮して離婚請求を棄却した判例もあります。