浮気相手に慰謝料を請求する

浮気相手に慰謝料を請求出来る?

浮気相手に慰謝料を請求出来るのか?

 

浮気された場合、慰謝料を請求する相手は裏切った夫や妻だけではありません。
浮気相手にも同じように慰謝料を請求することができます。

 

浮気を持ちかけたのが夫や妻の方なのか?浮気相手の方なのか?は関係ありません。
夫や妻がいることがわかっていて浮気をしたならば罪があるのです。

 

浮気相手に慰謝料を請求する場合

 

浮気をした夫や妻に請求するときと同じですが、すでに夫婦関係が崩れていたならば
浮気相手にも慰謝料を請求することができません。

 

また、浮気相手が結婚していることを知らずに付き合っていたならば
浮気相手は知らなかったわけですから罪はありません。

 

また、暴力や脅迫によって愛人関係を持たされていたのであれば
浮気相手も被害者ですから、浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

 

浮気された時は、夫や妻だけでなくその相手にも怒りを覚えます。

 

両方に慰謝料を請求したくなりますが、その前に浮気相手はどう思って
愛人関係を持っていたのかを調べましょう。

 

知らなかったのならば、裏切られた妻や夫と同じく被害者なのです。

 

 

浮気相手への慰謝料相場って?

浮気相手に慰謝料を請求する場合、相場はどれぐらいなのでしょうか?
浮気相手に慰謝料を請求の相場は
実際に相場と言ってもしっかりした決まりがありませんから、金額はかなり幅広くなります。
だいたいの相場で言えば、200万円前後となっています。

 

浮気が原因で夫婦関係が壊れ離婚に至った場合は、200万円以上の慰謝料を請求できますが

 

離婚しない場合は50万円から100万円ほどとなります。

 

金額は浮気の期間や結婚の年数によって異なりますが
もう一つ考えなければいけないのが浮気相手の経済状況です。

 

たとえば、浮気相手が働いていなかった場合は、慰謝料を請求しても支払うことができません。
そうなると、たとえ慰謝料の請求が認められても、実際は支払えない
ということもあいrますし、話がこじれることもあります。

 

浮気相手に慰謝料を請求する場合は、その人の経済状態をきちんと把握することが必要です。
浮気は許されるものではありませんが、その人が支払えるかどうかを考えて妥当な額を請求しましょう。

 

 

 

浮気調査TOPへ戻る